前向きに行動しましょう

ただいま転職中です。

年明けに前職を退職。公務員試験にのぞみましたが失敗。

今また民間の転職活動をがんばろうかなと考えているところです。

転職中つらい事。とにかくお金が減る一方なこと。当たり前ですが。焦りにつながってしまいます。

そして、「今何しているの?」という質問がとにかく苦痛…

親戚、友達、簡単なアンケートなど。解答欄に「無職」と記入する悲しみ…

失敗を経験し、自分が本当にしたいことがわからず焦る毎日です。しかし最近思ったんです。

たぶん、本当にしたいことをしてる人ってそんなに多くないと思うのです。みんな、何かをしながら本当にしたいこととかを模索しているんじゃないかと。

だから私も、これからいろんな経験をして、失敗をして、その中でまた新しい自分に出会っていければいいなと思うのです。

失敗や、新しいことに挑戦することって、とても怖いです。人の脳は変化を嫌うからです。でも、行動しなかったらいつまでも今の自分のままですよね、

最初の一歩を踏み出すのが一番怖いと思います。でもやってみたらほとんどのことが 案外簡単だったなーという感じだと思います。内科医転職におすすめ

最初はやはり緊張します

今までと違う仕事に転職するとき、やはり緊張してしまいます。
やってきた仕事と違うジャンルですし、自分がどこまで出来るのか自信をもつことがないからでうs。ゼロからのスタートどころかマイナスからです。
(さらに…)

転職野郎のひとりごと

どこに行っても最長2年しかもたず、転職続きの私。医科大学を卒業したのにプラプラしている期間が長いんですよね~。

転職すること自体に抵抗があるわけではない。日本ながらの年功序列は時代錯誤だと思うし、実際身の回りで転職していった人を沢山見てきたけど、デキる人ほど他のもっといいところに去っていって、正直イマイチ…な人が会社にずっと残るイメージ。もちろん、ずっと働き続けて、会社のホープ、営業成績バツグン、今の会社で働いて満足だ…と言う人もいる。でも、そうなれる人は会社の中でも一握りなんだろうな…。ずっと医療業界にいたので、業界の特性上、転職って当たり前にある、ってイメージがあるのかもしれない。

でもやっぱり、1社で仕事を覚えて、辞めて、次でまた新しい仕事を覚えて、辞めて…の繰り返しって、しんどいと思う。同じ業界間の転職でも、会社によって独自のルールを覚えないといけないし、全く異なる取引先も覚えないとだし。20代前半はまだエネルギーがあったのでどんどん新しいことを吸収しよう!と思えたけど、30代を前にして、しんどいなぁ…と思うようになってきた。30を超えると就職がぐっと難しくなる、とも聞くし…。怖い。

とにかくメンタルをやってしまってから虚弱体質になって、フルタイムもキツイのが本音。働きやすい、ずっと続けられる職探し…今日も明日も奔走です。おすすめの医師転職サイト

栄転の筈が…

自分はとある企業勤めです。部署が各地に点在していて、自分が最初に配属されたのは地域でも一番業績の悪い所でした。売上がランキング形式で毎月発表される会社だったので、再開だった自分達は毎月の様に本部からのおしかりを受ける立場であり、相当にストレスの溜る環境でした。
(さらに…)

仕事でのストレスは退職理由となり得る

仕事をしていると何かとストレスを感じることがありますが、限界を過ぎると退職の理由にもなり得ます。多くの人が、仕事のストレスをなくすために、仕事を変えたいと考えることがあるようです。今の世の中は、ストレスと切っても切り離せないと言われるくらい、生きるのにストレスのかかる世の中になってしまっていると言われています。 (さらに…)

人と話す仕事が好きです

私は父子家庭で育ちました。兄弟はいません。父一人子一人の二人家族だったのです。その父も亡くなりました。一人の時は本当に寂しくて、何もやる気が起こりませんでした。でも私はこの仕事に出会って、毎日とても活き活きと生活する事ができたのです。それはホームセンターでのレジの仕事です。
(さらに…)

外科医にヘッドハンティングは付き物!

医師の世界では、ヘッドハンティングは付き物である。
特に優秀な外科医のヘッドハンティングは多いと聞く。
映画やドラマの世界のような表立ったヘッドハンティングではないにしても、優秀な外科医をほしがっている病院は多い。
(さらに…)

海外でスムーズに就職する方法

海外でスムーズに就職できる方法はいくつかありますが、一番オーソドックスな方法は、まず留学することです。留学して現地の大学や大学院を卒業して、就職活動をするのが一般的な海外での就職方法です。海外で仕事をする時には言語の問題が絶対に出てきますので、大学にいるうちに言葉を覚えることが可能になります。
(さらに…)

働く女性の傾向

今の時代、結婚しても働きたいという女性が増えてきています。
専業主婦になるより、働いておしゃれをしたり、ショッピングもしたりして楽しみたいというのが、その理由ではないでしょうか?
(さらに…)